消費税10%に増税する前に間に合う!カスタムされた新車ハイエースをオーダーするなら今でしょ!

2019.6.29更新

2019年10月より消費税率が10%に引き上げ!

財務省は2019年10月1日より、消費税を10パーセントに引き上げる予定を発表しました。それに伴い自動車税制についても改定が入ります。消費税が上がりますが、減税により負担の考慮がなされています。

“増税前に買った方がいい?”、“減税があるなら平気さ!”どういう変化があるか、解説していきます。

 

自動車税制の改定に注目!

  • 『自動車取得税』の廃止⇒新税の『環境性能割』の導入
  • 『自動車税』の名称が『自動車税種別割』に変更。
    それに伴う税率適応基準の見直し

高額なお買い物ですから、自動車ユーザーの負担を軽減する目的があります。自動車業界の活性化と、先進安全装備搭載の新車代替えを促進させ普及を目的にもしています。

 

自動車取得税の廃止

自動車取得税は、50万円以上の自家用自動車を取得する際に課せられる税金のこと。車両代の2~3%で、メーカーオプションも含みますので、一律ではありません。この自動車取得税の代わりに新しく導入されるのが、『環境性能割』です。

 

『環境性能割』について

購入するクルマの燃費性能に応じて事前に定めた率を割引する制度。燃費性能が良い一部のクルマは税負担が軽く、燃費性能が悪いクルマは税負担が大きくなるといった特徴があります。環境性能割りの税率は燃費基準達成度に応じて、「非課税」、「1%」、「2%」、「3%」と4段階に分けられます。課税されるタイミングは、購入時(陸運局登録時)で登録時にかかります。

区分 税率 ※特別措置として
・電気自動車、
・燃料電池自動車、
・天然ガス自動車、
・クリーンディーゼル乗用車、
・ガソリン車・ハイブリッド車
(2020年燃費基準:+20%達成車)
非課税
・ガソリン車・ハイブリッド車
(2020年燃費基準:+10%達成車)
1% 非課税
・ガソリン車・ハイブリッド車
(2020年燃費基準:達成車)
2% 1%
上記以外のクルマ 3% 2%

※特別措置として、2019年10月1日から2020年9月30日までの間に取得した自家用乗用車にかかる環境性能割については、1%分を軽減する特別措置を講じています。

 

自動車税種別割の税率引き下げについて

毎年4月1日に自動車を所有している方に課税される自動車税。2019年10月1日から新制度が適応されます。

排気量 引き下げ前税率 引き下げ後税額(引き下げ額)
1,000cc以下 29,500円 25,000円(▲4,500円)
1,000~1,500cc以下 34,500円 30,500円(▲4,000円)
1,500~2,000cc以下 39,500円 36,000円(▲3,500円)
2,000~2,500cc以下 45,000円 43,500円(▲1,500円)
2,500~3,000cc以下 51,000円 50,000円(▲1,000円)
3,000~3,500cc以下 58,000円 57,000円(▲1,000円)
3,500~4,000cc以下 66,500円 65,500円(▲1,000円)
4,000~4,500cc以下 76,500円 75,500円(▲1,000円)
4,500~6,000cc以下 88,000円 87,000円(▲1,000円)

改正された自動車税額は、排気量の小さな車種になるほど引き下げられ、排気量が大きいクルマほど、少なくなります。ハイエースでは、ガソリンもディーゼルもあまり期待できそうにありませんね。

 

要するに、ハイエースを買うなら今!

増税前に購入した方が良い?減税対策があるから平気?環境性能割や自動車税の軽減策を含めたこところどうなのでしょう。

電気自動車、PHEV、ハイブリッド、クリーンディーゼル車は、10%増税後も税制面でサポートを受けていますが、それ以外の大部分のクルマは、消費税10%アップ前に購入した方が得策ということですネ。

ここまでが前置きです!!本題は。。。

 

“車中泊のできる街乗り仕様車”ライトキャンピングカー【FD-BOX】

乗り方ライフスタイルに合うように作られている【FD-BOX】シリーズ。
今回のブログでは内装の違いに焦点を当てつつ、各シリーズを紹介していきたいと思います♪

テーブル付きピクニックスタイル
10人乗りワゴン【FD-BOX0(ゼロ)】

FD-BOX0_flexdream (3) FD-BOX0_flexdream (2)
FD-BOX0_flexdream (1) FD-BOX0_flexdream (4)

※画像クリックで拡大出来ます。

FD-BOXシリーズエントリーモデルのFD-BOX【0】ゼロ。こちらはベッドキットのようなライトな使い方をしたいオーナー様におススメ!REVOシート(FD-BOX0を除く全シリーズに標準装備されている特注シート)を使わずに車内をリビング&ベッドルームとして使用できます!街乗りはもちろん、ピクニックからオートキャンプ・車中泊まで対応するオールマイティでお手軽なパッケージングですヨ!

シート配列は運転席・助手席(2人)2列目純正シート(2人)2列目後部に後ろ向き乗車(2人)純正跳ね上げシート(4人) 計10人乗りの3ナンバー乗用車です!ちなみに画像のテーブルは脱着式なので2列目より後ろ側は広々ベッド空間に展開可能です♪

⇒【FD-BOX0】施工事例です。参考にどうぞ!

 

2列目のスライドシート・アレンジが便利
10人乗りワゴン【FD-BOX2】

FD-BOX2 (7) FD-BOX2 (6)
FD-BOX2 (5) FD-BOX2 (1)

※画像クリックで拡大出来ます。

純正の4列目シートをそのまま採用する事によりコストダウンを実現したモデルFD-BOX【2】純正シートを跳ね上げて使えばリアゲートから乗り込んだり、長物の積載だって楽々♪使い勝手とコストパフォーマンスを両立したモデルです!純正4列目の座面とフルフラットにした際のシートが同じ高さになるように設定している為、座面部分もそのままフルフラットベッドとして活用できます!普段から5人以上乗車する事が多い方や、大きな荷物を積むことが多い方にも特にお勧めなモデルですヨ♪

シート配列は運転席・助手席(2人)運転席後部に後ろ向き乗車(1人)※スライドレール付き1300mm幅シート【フルフラット展開可能なFD-BOX標準装備REVOシート】(3人)純正跳ね上げ式シート(4人)計10人乗りの3ナンバー乗用車です!
※1400mm幅も可能です。詳しくはflexdream各ハイエース専門店へお問い合わせください。

⇒【FD-BOX2】施工事例です。参考にどうぞ!

 

ロングスライドで多彩なシートアレンジが可能な10人乗りワゴン【FD-BOX3】

FD-BOX3 (2) FD-BOX3 (3)
FD-BOX3 (4) FD-BOX3 (1)

※画像クリックで拡大出来ます。

カーゴスペースいっぱいのフルスライドレールを使って、横幅いっぱいの1500mm幅のREVOシートを2脚使用するFD-BOX【3】REVOシート1500mm幅を採用した事により、ベッドとしてもシートとしても広々使用することが可能!さ・ら・に・フルスライドレールを活用してお好きな位置にシートをレイアウトすれば、リムジンよろしく広々使用したり、後ろ向きにすればアウトドアシーンでのベンチとしてもお使い頂けたりと、好みに合わせてご活用ください♪もちろん、シートは折りたたむことも可能ですのでハイエースならではの積載能力も健在ですヨ!
※FFヒーター・サブバッテリーなどの追加オプションも是非、お気軽にご相談ください!

シート配列は運転席・助手席(2人)運転席後部に後ろ向き乗車(2人)フルスライドレール付き1500mm幅シート(3人)フルスライドレール付き1500mm幅シート(3人)計10人乗りの3ナンバー乗用車です!

⇒【FD-BOX3】施工事例です。参考にどうぞ!

 

標準ボディー4ナンバー8人乗りバン【FD-BOX5】

FD-BOX5 (1) FD-BOX5 (2)
FD-BOX5 (3) FD-BOX5 (4)

※画像クリックで拡大出来ます。

10人乗りのワゴンベースではなくハイエースの中でも維持費の安いとされる4ナンバー貨物バン(8人乗り)をベースにしたモデルがFD-BOX【5】です。
ワイドボディではちょっと大きすぎるなぁ。。という方にも標準ボディーをベースにカスタマイズする為ピッタリ♪カーゴスペースいっぱいに伸びたロングスライドレールはシートをお好きな位置にレイアウト可能!コンパクトに折り畳めるREVOシートを採用する事により4ナンバーバンならではの貨物スペースも申し分無く確保できます♪維持費を安く抑えたい方や駐車場事情等でワイドボディーでは無く標準ボディーがご希望の方に特におススメのモデルです!
※FD-BOX【5】専用追加ベッドキットもございます!詳しくはこちら!

シート配列は運転席・助手席(2人)フルスライドレール付きシート(3人)フルスライドレール付きシート(3人)※スライドレールシートは1300mm幅または1200mm幅が選べます!8人乗りの4ナンバー貨物登録車です!

⇒【FD-BOX5】施工事例です。参考にどうぞ!

 

本格キャンプにも活躍する2段ベッド+サブバッテリー搭載【FD-BOX6】

FDーBOX6 (1) FDーBOX6 (3)
FDーBOX6 (2) FDーBOX6 (4)

※画像クリックで拡大出来ます。

シリーズの中でも随一の本格派!FD-BOX【6】は『2段ベッド』&『サブバッテリー+100V電源』を標準搭載しています! ご家族揃っての車中泊を楽しみたい! エンジンをかけずにクルマの中でゲームや携帯の充電をしたい! いう方に最適な、正に【ライトキャンピングカー】です!フルスライドレールを活用すれば、お好きな位置にシートを楽々レイアウト♪お客様それぞれに合わせた使い方が可能です! もちろんシートは折りたたむことも出来ますので大きな荷物を積みたい時にもハイエースならではの積載能力は健在!クルマの中での時間をしっかり楽しみたい!という方にもお勧めなパッケージングです!
※ FFヒーターやリアモニターなど追加装備も是非、お気軽にご相談ください♪

シート配列は運転席・助手席(2人)運転席後部に後ろ向き乗車(2人)フルスライドレール付き1300mm幅シート(3人)フルスライドレール付き1300mm幅シート(3人)計10人乗りの3ナンバー乗用車です!

⇒【FD-BOX6】施工事例です。参考にどうぞ!

 

FD-BOX【ベッドキット】

FD-BOX_ベッドキット_S-GL標準ボディ_Type1 FD-BOX_ベッドキット_S-GL標準ボディ_Type2 FD-BOX_ベッドキット_S-GLワイドボディ用_type1 FD-BOX_ベッドキット_S-GLワイドボディ用_Type2
FD-BOX_ベッドキット_ワゴンGL3列目外し用 FD-BOX_ベッドキット_ワゴンGL3・4列目外し用 FD-BOX_ベッドキット_コミューターGL3・4列目外し用 FD-BOX_ベッドキット_FD-BOX5専用追加ベッドキット

※画像クリックで拡大できます。
上:左からS-GL標準ボディ用Type1、S-GL標準ボディ用Type2、S-GLワイドボディ用Type1、S-GLワイドボディ用Type2
下:左からワゴンGL用3列目外し、ワゴンGL用3・4列目外し、コミューターGL用3・4列目外し、FD-BOX5専用追加ベッドキット。
※Type1:ベッド下の高さ約34㎝ Type2:ベッド下の高さ約39㎝

ハイエース200系の1型から4型まで対応しています!
:部品点数がとても多くて細かい為、パーツのみの販売は行っておりません。
店舗にご来店の上、お取付させていただける場合のみの販売とさせていただいております。ご理解いただけますようお願い致します。

  • コダワリの高クオリティ【Made in Japan】
  • お客様の声をカタチにして、使い勝手抜群
  • 様々な企業努力で格安にてご案内!

そんな三拍子揃ったflexdream自慢のベッドキットです!
FD-BOXシリーズ同クオリティで製作してありますので家具類、マット縫製など絶対の自信があります!

お客様一人一人のライフスタイルに合わせた使い方の出来るFD-BOXシリーズ!
きっと、乗れば乗るだけ魅力を発見できると思います!
これからの季節、海に山にアウトドアシーンでの大活躍間違いなし!

 

今からオーダーしてたんじゃ間に合わない!?

ハイエースカスタム 車中泊のできる街乗り仕様車 FD-BOX
FD-BOXシリーズカタログ(PDFカタログはコチラ)

2019年6月現在、新車ハイエースの生産日程は、バンが1.5~2カ月、ワゴンが2カ月前後です。さらにここからFD-BOXシリーズを製作しようと思うと、1.5~2カ月前後かかってしまうので、のんびりしていたら、あっという間に増税後になっちゃいます。。。

でもご安心ください!!フレックスドリームでは毎月新車ハイエースを、た~~っぷりオーダー入れています!!

さらに、順次出来上がってきた新車をベースに、人気のFD-BOXを製作準備中です。今からオーダーしていたら間に合わない納期にも対応できますよ!!早い者ガチなので、ご検討中の方は、flexdreamハイエース店にお問い合わせください!!お待ちしています!

⇒製作準備中の新車ハイエース入庫予定リストはコチラ!

 

参考

 

関連ページ